ご案内

会長挨拶

会長挨拶
会長写真 全国簡易水道協議会
会長 山崎 一雄(北海道京極町長)

 全国簡易水道協議会は、 昭和30年に 「国民皆水道の早期実現」 を目標として創立以来、 水道未普及地域の早期解消をはじめ、 水道施設の近代化・効率化、 水道事業経営の強化・健全化等の事業活動に積極的に取り組んでおります。
 さて、 わが国の水道は、普及率も今日では97.9%という高い普及率を達成しておりますが、今なお未普及地域も多く270万人余の国民に水道が行き届いていない現実もあります。残された地域は、一日も早い水道の布設を熱望されておりますが、極めて布設条件の悪い地域が多く、文字通りの国民皆水道実現への道のりは数字以上に厳しいものがあるといえます。
 また、すでに水道が普及している地域でも、昭和30年代から40年代につくられた施設は老朽化が著しく、改良・更新が必要でありますが、その投資は必ずしも収益向上に結びつくものではなく、脆弱な財政基盤の簡易水道事業では財源の確保も大きな課題となっております。さらに、クリプトスポリジウム等病原生物や有害化学物質などによる水源汚染問題、いつ起こるともしれない地震等の自然災害、渇水等への対応など多くの課題を抱え、行財政改革など社会の動きにも的確、迅速な対応が求められております。
 このように、簡易水道の多くは、解決しなければならない課題も多いなかで、全国の会員各位の事業推進に寄与するため『全国市町村水道資機材情報センター』を事務局に併設し、カタログ・資料の展示をはじめ、信頼と実績のある水道資機材メーカー(団体)の協力を得ながら最新の情報を発信しております。
 会員はもとより、 関係各位におかれましても、 本協議会事務所並びに水道資機材情報センターへお気軽にお立ち寄りいただき、 情報の交換・交流の場としてご活用いただければ、 本協議会の活動も一層充実するものと考えております。
 今後ともご支援、 ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

平成29年6月

ページの先頭へ
COPYRIGHT©2010 Japan Small Scale Water Works Association